ダイビングを始めて良かった

「ダイビングをしてみたいな・・・って4年前から思ってました。」なんていう人がよくいます。
スキューバダイビングの場合は、シュノーケルと違ってライセンスを持っていなければなりません。正確にはCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
よく国際ライセンスという表記を見ますが、世界中で一番認知されているのはPADIという団体が発行しているCカードでしょう。
ダイビングスクールも日本ではPADIのカリキュラムで指導しているショップが多いです。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
実は、一人でダイビングを始める人が多いのですが、ショップが主催するダイビングツアーに参加すると同じ趣味の友達がたくさんできてしまいます。
伊豆のダイビングポイントは、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで行けるだけでなく、沈船なども楽しめてしまいます。
そして、ダイバーになったなら一度は行きたいのが沖縄でのダイビング。「ダイビングを始めて良かった」と思うことうけあいです。
「体験ダイビングでも潜れるのは一緒でしょ?」なんて言う方もいるようですが、楽しみの幅は比べものになりません。
最近は親子でダイビングを楽しんでいる人も多いです。中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもあるのでぜひ探してみてください。

ダイビングを始めると世界が変わるなんてよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?
スキューバダイビングをするためには、まずダイビングライセンスを取得することが必要ですが、正確にはライセンスではなくCカードといいます。
ダイビングライセンスを取得するコースを南の島へ旅行に行ったときに受ける人もいますし、近場の海で受ける人もいます。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
ダイビングの指導団体のひとつにPADIというのがありますが、世界中のダイバーの約6割はPADIのライセンスを持っているのです。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
自分に合ったダイビングショップを見つけるのには、やはり一度足を運んでスタッフと話をしてみるのが良いですね。
ダイビングスクールの企画したダイビングツアーに参加するとお友達もたくさんできるので、ひとりで始めても安心です。
伊豆のダイビングポイントには、ウェットスーツのまま入れる温泉があるところもありますが、最高に気持ちいいですよ。
そして、南の島へ潜りに行くのならやはり沖縄のダイビング。世界に誇るサンゴ礁とエメラルドグリーンの海にハマること間違いなしです。
いきなりダイビングライセンスはちょっと不安・・・というのなら、体験ダイビングに挑戦してぜひ一度海の中をのぞいてください。
ダイビングは若い人だけのスポーツなんていうのは昔のこと。最近は中高年のダイバーがどんどん増えています。